top of page

ニュージャージー州の買い物袋禁止でプラスチック消費が増加

最近、ニュージーランドのオークランドに帰省した際、私は2つのことに驚きました。使い捨ての買い物袋がまったくないことと、両親の家にある再利用可能な不織布ポリプロピレンのプラスチック袋の山です。そのため、ニュージャージー州が使い捨てのプラスチック袋を禁止したことで、米国同州でのプラスチック消費が実際に増加したというフリードニア・カスタム・リサーチの調査を読んだとき、私はまったく驚きませんでした。

2022年、ニュージャージー州のレジ袋禁止の実施に伴い、レジ袋の総量は60%以上減少し、8億9,400万枚となった。しかし、この調査では、ニュージャージー州の使い捨てレジ袋禁止に伴い、プラスチックフィルムから代替レジ袋への移行により、レジ袋用のプラスチック消費量が約3倍に増加したことも示されている。同時に、代替品として消費者に販売された再利用可能なレジ袋を製造するために、6倍の織布および不織布ポリプロピレンプラスチックが消費された。

これらの代替バッグのほとんどは、米国では広くリサイクルされていない不織布ポリプロピレンで作られており、通常、使用済み製品のリサイクル材料は含まれていません。この素材の変更は、環境にも大きな影響を及ぼし、ポリプロピレンバッグの消費量の増加により、2015年の不織布ポリプロピレンバッグの生産量と比較して、温室効果ガス(GHG)排出量が500%増加しました。特に、主要な代替バッグ素材である不織布ポリプロピレン(NWPP)は、ポリエチレンプラスチックバッグと比較して、15倍以上のプラスチックを消費し、バッグ1個あたりの生産時に5倍以上のGHG排出量を生み出します。

この調査では、ニュージャージー州の小売業者が使い捨てバッグから再利用可能なバッグへの切り替えによって大きな経済的利益を得たことも判明しました。ニュージャージー州の食料品小売業者を評価する詳細なコスト分析では、典型的な店舗が代替バッグの販売で店舗ごとに20万ドルの利益を上げることができることが明らかになりました。ある大手小売業者の場合、これはニュージャージー州でのバッグ販売全体で推定4,200万ドルの利益に相当します。

Commentaires


bottom of page